Phantom 4 ProとPhantom 4の違い。

投稿日:2016-11-16 更新日:


Phantom5の発売の情報を期待していたら...

まさかの追加モデルが登場!


Phantom 5で良かったと思う追加モデル。

iPhoneで言う、s的なモデルチェンジ?

そして来春に5が出るのか?

2017年中には5が登場か?

iPhoneとPhantomを毎年追いかけると、まあまあ大変だなっw

Phantom 4とPhantom 4Proとの大きな違いは、カメラ性能の大幅な向上とセンサーが更に追加!

Phantom4 は1240万画素を搭載しているのに対し、Phantom4 Proは1インチ2000万画素に向上。

いよいよ上位機種のコンデジと同等なスペックに。

そして、レンズの外観も若干大きくなり、4K画像が最大60fpsに強化された。

Phantom4の最大ビットレートが60Mbpsに対し、Phantom4 Proは100Mbpsとなり、

画質が更に綺麗に。

また、microSDの認識もPhantom4の64GBに対し、Phantom4 Proは128GBに対応した。

Lightbridge HDも距離延長でPhantom4の2kmから、Phantom4 Proは最大4kmに強化された!

センサーが更に追加され、左右には赤外線検知システムが、後方にはステレオ・ビジョン・センサーを搭載。

センサーの追加に伴い、機体が重くなった分カメラ本体のマテリアルをチタンとマグネシウムを使用することで、トータルの重量はPhantom4と略変わらない重さに!

ジェスチャーモードの追加。

Mavic Proに採用されている、ドローンのカメラの前で特定のポーズを取ると自動でシャッターを切ってくれる機能が追加された。

モニター付きモデルも登場。

Phantom4 Pro+と言う5.5インチモニターを標準装備したコントローラーのモデルも登場。

別途iPadなどのタブレットは不要で、更に屋外での太陽光の元でも通常のディスプレイの約2倍の輝度を誇る。

5.5インチの液晶サイズの大きさは、iPhone 7 Plus やiPhone 6s Plusと同等の大きさ。

iPad端末の画面の大きさに慣れるとやや物足りないかも?

バッテリーは4の5350mAhから更に大容量化され約500mAhアップの5870mAhに。

この500mAhは単4マンガン電池位の差。

飛行時間にして約3分の差。

しかし、この大容量バッテリーは4にも共有出来、同時に単品発売もした!

Phantom4 Pro 日本価格は税込189000円

買い替えか?

それとも、Phantom5待ちか?


A8広告 ドローン

A8広告 ドローン

-ドローン

Copyright© 赤鬼外伝  , 2017 AllRights Reserved.