2016 春 池原攻略 パート4

投稿日:2016-04-13 更新日:


いよいよプライベート釣行。

先週同様、決して新たなエリアを広げず
チェックしていく事に…
やはり、ボトルシュリンプ6.5インチの
ネイルリグをメインに水色でハードベイトの
GARUDAとソフトベイトのハドルストン8インチの使い分け、
マッディーならGARUDA、クリアならハドル。
ステインなら気分次第、立木群などのストラクチャー
エリアなら抜群の回避性能のOgre。
完全オープンエリアならハドルの腹針仕様。
チョロ立木なら背針仕様のハドルを…
ハドル8インチは腹針と背針を使い分けていた。
そして、そこに魚が居て上を意識させる…とか、
サーチにウルトラカープ。
マッディーエリアの刻みのアプローチにスパーク7の
アラバマ系。
これは、今や定番化したオールオフセットフックで
ボトムやカバーにコンタクトして、リアクションバイトを
取り居場所を特定する為に使用する。
低水温には未だに非常に強いアイテムだが、
上げの水温が10度を越えたあたりから、
デカい魚の反応がすこぶる悪くなり、
あくまでもバイトを得る為のアイテムだ。

そして肝心の魚の反応はと言うと、
バイトは浅いものの、
image

image
アタリは多く、少し検証してみたくなった!

パートナーを招集する事に。
果たしてボトル6.5がズバ抜けて良いのか?
その他のワームへの反応は?
カラーは?

続く


-池原ダム

Copyright© 赤鬼外伝  , 2017 AllRights Reserved.