2016 春 池原攻略 パート7

      2016/07/14

4月5日。
週刊ルアーニュースも発売され備後筋BWは、人人人の銀座状態。
裏パターンな本流筋と白川ピンエリアの展開…
そして、一見死んでいるフリをしているピンポイントの展開へ。
とりあえずな魚を触る事は比較的イージーだった。

とにかく喰い方が狂暴。
しかしエリアのパワー的には4キロまでが限界。

そんなエリアから、チョイ外れた所にウロつく個体を数匹発見。

マックスゴーナナ。

ブラインドでアプローチすること約30分。

刻みに刻み狙い通りのマックス魚!


狙い通りのゴーナナを捕獲。

まさかのエリアのまさかのアプローチの、これまたボトル6.5ゲーム。

この時、このエリアも使える事を確信。

恐るべしボトルシュリンプ6.5インチ。

その後もエリアの力でサクサクと…。

その場に見切りを付け次の展開とエリアの開拓に…

しかし…

相変わらず、エリアを外せば気難しい春の地獄モード。

そんな中、クラブイケハラさんのレンタルボートのお客さんが苦戦との事で、ピンエリアに来て頂き、ボトルを授けてエリアの説明とアプローチを的確に伝授して…50後半を筆頭にスーパーラッシュに突入。


自身が釣るのではなく、一般アングラーの方が同じアプローチで実践し、

結果が出る事が今後のボトル6.5の製品開発にも自信を持ってフィードバックでき、大切な事を痛感した日だった。

 - 池原ダム