第2回 N-1 グランプリ プラクティス2

投稿日:2016-06-22 更新日:


ロクを温存して、そのエリアの下流に・・・

すると、ものの200mチョイのストレッチの50overが4本に10ポンドクラスのペアを1本居る熱いエリアを発見!

ただ50overの4本は、どれも入りきっておらずウロウロ。

これで楽しみが増えたと思いペアのロクを観察することに。

 

しばらくするとボートを嫌い、サイドへするすると移動して帰って来ない人に(笑)

このエリアは使えそうな気がし、次へ!

 

そう言えばメガバスヤングチームの3代目な石田君がプロモーションしていて、

今、全国各地で猛威を振るうタイニーベイトのダークスリーパー。

これを早速実践投入。

僕の今回の七色スリーパータックルはニューデストロイヤーF6-67X(G-AX)

これはオーバースペックなタックルチョイスで、

これにYGKよつあみのナスリー エヌウォーカー ドレッドライン20lb をチョイス。

ティンバーエリアの多いビッグレイクが故の選択だった。

しかもこれに、さらにネイルシンカーを増量し、カーブフォールからのボトムバンプメインで使用した。

注意しなければならないのが、いくらネイルシンカーを増量してもラインテンションフリーではスパイラルフォールするので、例えば2.5mのスタンプの上にドンピシャでノセルとなると必然的にカーブフォール主体のアプローチになってしまう。

とりあえず、障害物回避能力とフッキング性能を見るために、ここに来て七色初バスを触ることに。


確かにノリは良く、しかも適度な背ビレのマテリアルの張りでガードの役割りもしてくれて全国各地での活躍や、お店の欠品もなるほどな感じに思えた一品で押して引いての1軍アイテムの仲間入りが決定した。


-七色ダム

Copyright© 赤鬼外伝  , 2017 AllRights Reserved.