F11-710XBJ&F5-72XGBJ

投稿日:


ようやく、デストロイヤー ブラックジャングルシリーズ  の追加2機種のデリバリーが開始されます。


特にF5-72XGBJは発売まで個人的に非常に長く感じました。

トマホークシリーズとは一線を画く、ブラックジャングルシリーズ初のグラスコンポジットで、グラス特有のダルさは無くおかっぱりにも最適な1本でグリフォンシリーズや、V9などのナベゲームに、またPOP-Xなども軽快にネチネチ操作出来る喰わせの非常にバーサタイルな1本です。

このロッドの誕生のコンセプトは、琵琶湖で冬のボディーバランスに代表されるスイムジグの巻きの喰わせからフィードバックされ、コレにフロロの12lbを使用し今まで獲れなかった幾つものデカバスを怒らせる事なく難なくランディングに持ち込んで来ました!

特に低水温期の低活性時にハリのあるロッドを使用すると、バイトを弾いたり掛けてもデカバスを怒らせて突進がトマラナかったり、突然のデカバスのバイトにロッドが対応出来ずにラインブレイクしたり、ラインポンド数を上げると著しくバイトが減ったりと特殊な環境下での巻きのリーリングゲームに適した、柔よく剛を制する1本です。

そしてもう1本は、既にこの春のテストにおいて、池原ダムや琵琶湖で大活躍のF11-710XBJFZ-80XBJのマイルドバージョンでパワーバンドを広く取った仕上がりになっており、ビッグベイトゲームのバーサタイルな1本で、FZほど尖がった仕上がりでは無く、3ozクラスから18ozクラスまでオールマイティーにルアーを選ばないロッドなので、担ぐルアーウエイトを考慮して、FZより握りこぶしひとつ分リアグリップがショート化され取り回しやすく抜群の操作性を実現しています。


-メガバス

Copyright© 赤鬼外伝  , 2017 AllRights Reserved.