秘蔵動画を続々と公開

投稿日:2019-04-29 更新日:


琵琶湖モノと池原モノ、どれから公開するか正直迷っています。

そんな訳でライン@の先行動画は池原モノで。

一般公開向けには琵琶湖モノです。

↑は今年の早春です。

そしてライン@の先行動画は、昨年のヘッポコランディングの池原ロクマル動画ですw

2018年早春
まだまだ人もまばらなの池原ダム。

水位の変動によるエリアの場所バレ対策の為に今に至り、今回の公開になりました。

ズラッと並んだ立木郡の中の、ある水位で使えるバスがコンタクトする水中の倒木をピンポイントで狙い、ロクを引きずり出す事に成功した動画です。

(このエリアの左岸ストレッチ約100m間に、9本のロクマルが当時居る事を把握しており、その内僕が合計2本抜き、他1本が別動画にある6キロクラスのバラしで、後におそらくその魚がサタン島田氏が釣りビジョンDVDで捕獲した6キロだと推測し…、結局その早春の3月から4月頭にかけ、合計6本が捕獲されたと認識しており、テリトリー意識の高いロクマルは今や、そこら中にゴロゴロとは存在せず、当時足し算引き算で計算しながら、エリアの魚を狙っていました。故にこの動画では密度の濃いエリアで完全に疑ってかかる、エリアを間違えば、とても効率の悪い超スローなアプローチで食わせる事に成功しました。)

池原ダムは、毎年変動する水位によりガラッとエリア特性が変わるので、同じシチュエーションは無く、それがまた面白くもあり難易度も高くなると思います。

Googleマップなんかで、よくよく水の流れと、1日における太陽の照射時間などを読み解いていくと必ずヒントがあります。

減水時に何故、南ワンドが特に生きて来るのか?

とか…

通称ポルシェワンドの対岸と、北ワンドとのエリアの共通性や類似性など、言い出すとキリが無いくらいに水位の変動を敏感に感じとると、比較的イージーにデカイのを狙ってイケると思います。

今後公開予定の数本の動画も、完全にそんな感じです。

◆チャンネル登録はコチラ↓
Red Demon MOVIE

◆ライン@↓
赤鬼外伝@


-動画

Copyright© 赤鬼外伝  , 2019 All Rights Reserved.