2016 春 琵琶湖釣行 パート3

投稿日:2016-06-13 更新日:


5月19日

朝からルーティンなエリアのランガンをするも、どうも気になるエリアの魚が薄い。

後にある原因が判明するのだが・・・

そして、ややササ濁りエリアでサイズ感のハッキリしない魚をGARUDAでサクッと、

カツカツなサイズをキャッチする事に。


ロク?

あると言えばあるかな?みたいなサイズ。

続いて、またまたハーモニカ喰いな魚とか・・・


そして、行き場を失い気になる魚の薄いギャンブルなエリアのダダ流しに・・・

基本、無なエリア。

この日は風予報通りに終始ベタ凪。

ある本命付近で50後半の球体的な個体を発見!

スルーしようか考えたのだが、あまりにも球体なので、いろんなアイテムを駆使し1時間程で最後に、またまたGARUDAでキャッチ!


ん?

んんっ?

 62cm 5210g。


ハイクオリティーフィッシュ!


完全に初日の風船魚のお陰で目測を誤り、感覚がマヒしていた。

この日は、前日からエンジンの調子が悪く当日も時折エンジンの警告音が鳴り、そよ風の吹き始めのタイミングで、先も長い釣行の為に大事をとってメンテナンスでマリーナに帰還する事に。


原因は、やはりガソリンフィルター内の大量の水。

復旧し午後からバッテリー切れの、前日釣った人と再アタックに!


ふたりして、一切口を使わない魚に振り回されたり、翌日の為のチェックに。

-琵琶湖

Copyright© 赤鬼外伝  , 2017 AllRights Reserved.